数多のドラマを生んだ有馬記念。今年はフルゲートでの出走。

arimakinen 中山競馬場

私のランキング↓です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

12/22(日)中山競馬場で有馬記念が行われます。

近年は有力馬が香港遠征をしたりする影響でメンバーが手薄になったり、少頭数だったりすることもありましたが、今年はG1ウィナーが11頭出走予定で、さらにフルゲートで行われそうなので、今年は見応えのある有馬記念になりそうです。

それでは、注目馬を見ていきましょう。

アーモンドアイは香港遠征を回避してこちらへの出走となりました。

ポテンシャルが一番高いことは間違いありませんが、秋華賞こそ勝っているものの、広いコースを中心に使われていますし、今回は2500mも初めてとなります。

それに何と言っても陣営は影響がないとは言っているとはいえ、香港へのローテーションが狂った影響は少なからず出ているでしょう

リスグラシューは、牡馬を相手に買った宝塚記念もさることながら、厳しい位置取りになってしまったコックスプレートの勝ち方が見事でした。

今は完全に充実期に入っている印象ですし、距離を克服して春秋グランプリ制覇と行きたいところです。

サートゥルナーリアは中山でG1を2勝していますが、前走はレース前からイレ込む面を見せていたので、今回の距離だと折り合いが心配になります。

arimakinen

ワールドプレミアは菊花賞でG1初制覇を果たしました。折り合いに心配のない馬なので距離はまったく問題ありませんし、3歳秋にして急成長している印象です。

初めて古馬との対戦になりますが、壁を感じることはなさそうです。

スワーヴリチャードはジャパンカップで見事に復活のG1制覇となりました。

ただ、大跳びの馬なので中山のコーナーが4つのコースでスムーズに走れるかどうかがポイントです。

ヴェロックスは菊花賞で1番人気に支持されましたが、惜しくも3着に敗れてしまいました。しかし、差し馬に有利な展開を考えればよく踏ん張っており、能力の高さを感じる内容でした。

G1未勝利の立場ですが、G1ウィナー達を飲みこんでしまう場面も十分考えられるでしょう。

フィエールマンは前走、凱旋門賞に挑戦しましたが重い馬場に対応することができず、フォルスストレートで止まってしまいました。

日本の野芝でのレースになれば違った走りができるでしょうし、今回は巻き返しに期待です。

キセキもフィエールマンと共に凱旋門賞に挑戦しましたが、こちらもタフな馬場に対応することができませんでした。

昨年5着に敗れてしまったこのレースで巻き返したいところですが、今回は同型馬との兼ね合いがポイントになりそうです。

みなさんの、馬券購入の参考になれば幸いです。


コメントお待ちしております!

友達登録してネ

サンプル

↓プロの厳選3頭BOX予想はこちら↓

的中データラボ
『的中データラボ』でしか入手不可能な的中馬券情報!! 今週末の【重賞】特選情報をメールで無料公開!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました