小倉2歳S 小倉開催最後の重賞を制するのは?

kokura2saistakes 小倉競馬場

私のランキング↓です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

9/1(日)は、小倉競馬場で小倉2歳ステークスが行われます。

今年の小倉開催のフィナーレを飾る重賞レースを制するのは、どの馬でしょうか。

それでは、注目馬を見ていきましょう。

カイルアコナの新馬戦は、4馬身差の圧勝でした。

母のアンブロワーズも、新馬戦から連勝で
函館2歳ステークスを制しているので
仕上がりの早い血統であることは間違いありません。

ただ、新馬戦では若さを見せて
ゴールしてから外へ逃げる面を見せていましたし
まっすぐ走ってくれるかどうかが
ポイントとなるでしょう。

マイネルグリットは、一生懸命に走るタイプなので
前走のフェニックス賞では
1600mから1200mに距離を短縮したことによって、
新馬戦より高いパフォーマンスを見せてくれました。

母のコスモヴァレンチは、デビューから2連勝で
小倉2歳ステークスを勝っていますし、
姉のマイネショコラーデ(函館2歳ステークス2着)を
筆頭に、きょうだい馬も早熟馬が多くいるので
ここで活躍する可能性が高い血統です。

新馬戦で重馬場も経験しており、
馬場状態も不問なので、ここは楽しみな一戦です。

kokura2saistakes

ラヴダシオンの新馬戦は、少頭数も味方して
うまく立ち回ることができました。

母馬の成績やきょうだい馬の成績を
今回の有力馬の中で比較すると
そこまで成長が早い血統でもありませんし、
重賞で勝ち負けのレベルまでは
もう少し時間が掛かるかもしれません。

トリプルエースは新馬戦での勝ちタイムが平凡なので
重賞でどこまで通用するかを
時計面で推し量るのは難しいタイプです。

ただ、そのレースの2・3着馬は
すでに勝ち上がっていますし、
4着馬は2走目で2着、5着馬も2走目で3着と
馬券圏内にしっかりと絡んでいるので、
それなりにレベルの高かった新馬戦と言えるでしょう。

まだまだ幼さを出しながらの新馬勝ちでしたし、
時計の速い馬場に対応できれば
首位争いをする可能性も高そうです。

ヒバリのきょうだい2頭は、
どちらも勝ち上がっていますが
最短でも初勝利まで、8戦を要しています。

母のエトピリカも初勝利まで6戦かかったように
成長スピードが遅い血統です。

この馬は新馬戦こそ勝ち上がりましたが、
展開に恵まれた面もあったので、
あまり高く評価はできません。

ビュンといってしまいそうなぐらい
折り合いに心配がある馬で新馬戦でも
出遅れて壁を作れたことが幸いした感じでした。

現状の完成度で、勝ちを争うには厳しいかもしれません。

みなさんの、馬券購入の参考になれば幸いです。


コメントお待ちしております!

友達登録してネ

サンプル

↓プロの厳選3頭BOX予想はこちら↓

的中データラボ
『的中データラボ』でしか入手不可能な的中馬券情報!! 今週末の【重賞】特選情報をメールで無料公開!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました