七夕賞、一筋縄ではいかない福島の名物ハンデ戦!

tanabatashou 福島競馬場

私のランキング↓です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

6/7(日)は、福島競馬場で七夕賞が行われます。

毎年、一筋縄ではいかないハンデ重賞ですが、
今年はどのような決着になるのでしょうか。

それでは、出走予定の各馬を見ていきましょう。

ウインテンダネスの目黒記念は、
馬体重を戻すの精一杯の調整だったので、
ベストに程遠いデキだったこともあり、
掲示板を確保できませんでした。

今回は調子が上向いて出走はできそうですが、
左回りが得意な馬ですし、
福島コースでは大きな割引が必要です。

クリノヤマトノオーの前走は、
得意ではない左回りでモタれて走っていましたし、
2走前は外枠でロスの多い競馬でした。

3走前は直線で前が開かず捌けないまま
終わってしまうレースでしたし、
オープンに再昇級してからは
すべて敗因がしっかりした競馬だったので、
スムーズに運ぶことができれば、
この馬が穴をあける可能性も十分にあるでしょう。

クレッシェンドラヴは、2200~2600メートルを
中心に使われていた馬ですが、
2000m前後で、持久力勝負に持ち込む競馬をして
内容が良化しました。

そういった形に持ち込むには
今回の舞台はベストですし、
休み明けも得意としている今回は期待できるでしょう。

ソールインパクトは、目黒記念で3着に好走しましたが、
いろんな条件が重なっての結果でした。

中長距離戦をメインに使われていた馬で、
2000メートルのレースに使うのは
1年10ヵ月ぶりですし、今回は見送りが賢明でしょう。

タニノフランケルは、2走前の金鯱賞は
使い詰めて疲れがあったようですし、
前走の鳴尾記念は間隔が開いたぶん
本来のこの馬の走りではなかったようです。

tanabatashou

今年の年始にはGⅢで2戦連続馬券圏内に絡んでいますし、
調子が戻っていれば、好走の可能性も十分でしょう。

ブラックスピネルは、前走の鳴尾記念と
4走前の白富士ステークスの内容を見ても
分かるように、自分の形で逃げることができれば、
かなりしぶとい競馬をしてくれます。

ただ、今回は強力な同型馬が揃っていますし、
前走のようにうまく運ぶことは難しそうです。

ミッキースワローの前走、エプソムカップは、
スローペースの切れ味勝負になり、
前に行った2頭がワンツーフィニッシュする
展開だったので、この馬にはかなり可哀そうな
競馬になってしましました。

道悪もかなり苦手なようなので、
度外視していいレースでしょう。

2走前は抜け出してソラを使っていたので、
勝ち切るには乗り方が難しくなりそうですが、
良馬場で走ることができれば、
崩れることはなさそうです。

ロシュフォールの前走は、位置取りの差だった分の
3着にも見えますが、ラスト50メートルで
脚色が鈍っていたあたり、
重賞では2000mの距離が少し長いのかもしれません。

小回りコースに替われば乗り方ひとつで
なんとかなるかもしれませんが、
人気ほどの信頼はないような気がします。

ロードヴァンドールの天皇賞は
最下位の大敗でしたが、展開が厳しかったので、
度外視しても問題ないでしょう。

2走前の阪神大賞典で復調の気配は見せていますし、
(1.2.3.3)と好相性の2000メートル戦になれば、
期待できそうです。

みなさんの、馬券購入の参考になれば幸いです。

友達登録してネ

サンプル

↓プロの厳選3頭BOX予想はこちら↓

的中新聞WEB
「毎日の競馬の予想は【的中新聞WEB】にお任せください!」 無料/情報量No.1/充実度No.1 さまざまな予想スタイルの予想家が貴方の競馬ライフをサポートいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました