函館スプリントS2019 サンデー系は不振!馬番1番とミスプロ系が好調!!

hakodatesprint 函館競馬場

北海道シリーズの開幕を飾るGⅢ・函館スプリントステークス。
過去にはキンシャサノキセキ、カレンチャン、セイウンコウセイなど、歴史に名を残す名馬もこのレースを優勝しています。

2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向から函館スプリントステークスの優勝馬候補を紹介します。

◆過去10年の血統傾向
スプリント戦の重賞ということで、非サンデーサイレンス系が好調です。
サンデーサイレンス系は2勝に対し、非サンデーサイレンス系は8勝となっています。

特にミスタープロスペクター系が好調です。
のべ35頭が出走し勝率11.4%、複勝率は22.8%と好成績です。
2013年は、ミスプロ系のスウェプトオーヴァーボード産駒・パドトロワが、6番人気で単勝18倍ながら優勝しています。

今回は、カイザーメランジェ、タワーオブロンドン、ダイメイフジ、ダノンスマッシュ、ティーハーフの5頭が登録しています。

外国産馬は不調です。
のべ14頭が出走し勝ち馬はなし、馬券圏内も1頭のみと、苦手としています。
今回はアスターペガサスが登録しています。

他にも、5代血統表内にリボー系持ちが目立ちます。
2018年にはヒルノデイバローが10番人気で2着、2017年にはエポワスが7番人気で3着と、大穴をあけることが多いです。

今回は、シュウジ、タマモブリリアン、ダイメイフジ、ダノンスマッシュ、デアレガーロの5頭が登録しています。

◆過去10年のデータ傾向
過去10年のデータ傾向で特徴的なものがあります。
前走後方は割引、距離短縮が好調、内枠有利、の3つです。

前走後方は割引です。
前走4角10番手以降は勝率2.6%、連対率5.1%、複勝率10.3%と不調です。

距離短縮が好調です。
勝率12.1%、連対率17.2%、複勝率29.3%と好成績を残しています。
しかも、単勝回収率は144%、複勝回収率は169%となっているため、人気薄は抑えておきたいですね。

内枠有利です。
勝ち馬の10頭中6頭が3枠より内枠からとなっています。
しかも、馬番1番は10頭中6頭が馬券に絡んでいるため、ヒモには加えておくべきです。

◆血統面、データ面からの推奨馬
では、血統面、データ面からの推奨馬を紹介します。

まずはダイメイフジを推奨します。
ミスプロ系のアグネスデジタル産駒、リボー系持ち、距離短縮とこのレースの傾向とマッチしています。
しかも暑さに弱いので涼しい函館は合うはずです。

hakodatesprint

次にタワーオブロンドンを推奨します。
ミスプロ系のRaven’s Pass(レイヴンズパス)産駒、距離短縮とこのレースの傾向とマッチしています。
前走の京王杯SCではレコードで優勝していますし、スピードはこのメンバーでも上位です。

最後に、穴を狙うのであれば馬番1番は抑えておきたいところです。
複勝回収率が122%なので、馬券のヒモには加えておくべきです。

友達登録してネ

サンプル

↓プロの厳選3頭BOX予想はこちら↓

的中新聞WEB
「毎日の競馬の予想は【的中新聞WEB】にお任せください!」 無料/情報量No.1/充実度No.1 さまざまな予想スタイルの予想家が貴方の競馬ライフをサポートいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました