神戸新聞杯 皐月賞馬がついに秋初戦!

koubeshinbunhai 阪神競馬場

私のランキング↓です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

9/22(日)は、阪神競馬場で神戸新聞杯が行われます。

皐月賞馬サートゥルナーリアが、
二冠に向けてここからスタートとなります。
本番に向けてどのようなレースをするのでしょうか。

そのサートゥルナーリアのダービーは
スタートでの出遅れが響き早めの仕掛けになってしまい、
最後は差を詰めきることができませんでした。

ぶっつけ本番の皐月賞でも勝ち切るだけ能力は非凡ですし、
普通のスタートさえ切れれば、崩れることはまずないでしょう。

koubeshinbunhai

ヴェロックスは皐月賞もダービーも
この馬の力を出し切ることができましたが、
どちらももう一歩及ばず悔しい内容のレースとなりました。

父ジャスタウェイは古馬になってから活躍をしましたし、
夏を越えての成長はかなりのものだと想像できます。

サートゥルナーリアも十分に負かせるだけの能力はありますし、
レースが非常に上手な馬なので、
ここで崩れる可能性はかなり低いでしょう。

ワールドプレミアは
若葉ステークスから約半年ぶりの競馬となります。

春はまだまだレース前にテンションが高くなるところが
ありましたし、勝負どころの反応もズブく
伸びしろが十分にあるような内容でした。

そのぶんこの半年での成長はかなり見込めますし、
良血馬が開花すればこの馬も秋のGⅠ戦線を
賑わしてくれることでしょう。

レッドジェニアルは京都新聞杯で
ダービー馬ロジャーバローズを負かしています。

前走は高速馬場に対応しきれなかったイメージですし
気性面で難しさが残っているまでもありますが、
条件が噛み合えば上位馬を負かすシーンをあるかもしれません。

シフルマンは若葉ステークスで素質馬を相手に3着に好走したのち
2連勝を決めました。

春先はまだまだフワフワして走る面を見せていましたし、
馬体がしっかりすれば楽しみな馬になってくるという印象でした。

こちらも3ヶ月の休養でどこまで成長しているか楽しみです。

カリボールの前走の内容を見ていると
夏を越えてかなり走りが大人になった印象を受けました。

2勝クラスの特別戦を勝ったばかりなので
決して楽な条件ではありませんが、叩き2走目の
アドバンテージを生かしてどこまでやれるか楽しみです。

ユニコーンライオンは夏の函館で2連勝し、
いかにも夏の上がり馬といった印象です。

前走でもまだレースに集中しておらず
フラフラした走りを見せていましたが、
それでも勝ちきるあたりは
かなりの素質を秘めていると言えるでしょう。

3走前のアーリントンカップでは、
勝ち馬から0.1秒差の競馬をしていましたし、
重賞でも十分やれることはすでに証明済みです。

みなさんの、馬券購入の参考になれば幸いです。


コメントお待ちしております!

友達登録してネ

サンプル

↓プロの厳選3頭BOX予想はこちら↓

的中データラボ
『的中データラボ』でしか入手不可能な的中馬券情報!! 今週末の【重賞】特選情報をメールで無料公開!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました