天皇賞・秋 アーモンドアイかサートゥルナーリアか?それとも…

tennoushou 京都競馬場

私のランキング↓です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

10/27(日)は東京競馬場で天皇賞・秋が行われます。

戦前の予想を見ていると
GⅠ5勝の女傑アーモンドアイと
今年の皐月賞馬サートゥルナーリアの2強ムードになっています。
果たしてレースはどのように決着するのでしょうか。

それでは、注目馬を見ていきましょう。

アーモンドアイは、前走のの安田記念で
GⅠの連勝記録は5で止まってしまいましたが、
スタートで5馬身ぐらいのロスがあったもので
力負けではありません。

スムーズに運べていれば勝てていたレース内容ですし
昨年のジャパンカップや今年のドバイターフと
同じだけのパフォーマンスができれば
まず負けることはないでしょう。

tennoushou

サートゥルナリアは日本ダービーでこそ
4着に敗れてしまいましたが、
スタートで出遅れてしまったため力負けではありません。

前走の神戸新聞杯では夏を越えて成長した姿を見せてくれましたが、
スローペースの決め脚勝負だったので、
古馬のペースに対応できるかの課題は残ります。

ワグネリアンの前走
札幌記念は直線で伸びあぐねてしまいましたが
両前脚を落鉄していた影響だったので力負けではありません。

2走前の大阪杯では長期休養明けでも
3着に入り、地力の高さを見せてくれましたし
万全の状態で挑むことができれば
優勝争いに食い込む余地はあるかもしれません。

ダノンプレミアムは前走の安田記念で大きな不利を受けてしまい
最下位(16着)に大敗してしまいました。

2走前のマイラーズカップ、3走前の金鯱賞の内容見ている限りでは
まだまだ余裕のある勝ち方で上積みを読み込める内容だったので
力を出し切ることができればこの馬にもチャンスはありそうです。

スワーヴリチャードは、昨年のこのレースは
1番人気を裏切る結果(10着)に終わってしまいましたが、
スタート直後に挟まれ、4コーナーで接触する不利もあったので
度外視していい内容です。

今年の中山記念と宝塚記念は、
明らかに太め残りの馬体でも大きく負けていなかったので
馬体が絞れてくれば、さらに高いパフォーマンスを
見せてくれる可能性はありそうです。

ただ、昨年のジャパンカップでアーモンドアイには完敗だったので
力を出し切っても2着争いになりそうです。

アエロリットは、前走の毎日王冠で今年初めて
マイペースで逃げることができましたが、
最後はダノンキングリーの決め脚に屈してしまいました。

2000mは秋華賞で一度経験して大敗していますが
これは距離ではなく京都コースが合わなかったことが敗因なので
度外視して問題ありません。

東京の高速馬場に常に対応し続けていますし
牝馬はアーモンドアイばかりに注目が集まっていますが、
この馬も無視してはいけません。

みなさんの、馬券購入の参考になれば幸いです。


コメントお待ちしております!

友達登録してネ

サンプル

↓プロの厳選3頭BOX予想はこちら↓

的中データラボ
『的中データラボ』でしか入手不可能な的中馬券情報!! 今週末の【重賞】特選情報をメールで無料公開!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました