もしかして…レパードS 3年連続で…?狙わなきゃ損!損!

leopards 新潟競馬場

私のランキング↓です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

8/4(日)は、新潟競馬場でレパードステークスが行われます。

 

leopards

かつては人気サイドで決まることが多かったレースですが、
ここ2年は連続で馬連万馬券の決着となっています。

今年は本命決着、波乱決着、どちらになるのでしょうか。

それでは、注目馬を見ていきましょう。

アッシェンプッテルは、
2連勝と勢いに乗って重賞に挑んできます。

しかし、ゲート内での駐立にまだ課題がありますし、
器用さに欠くところがあるので、
現状では競馬の内容が粗削りになってしまいます。

そのあたりがどう影響するかでしょう。

アヴァンセはまだまだ体が未完成ですし、
気持ちの面でも、前走でチークピーシーズをつけた効果で、
ようやく前向きに走ってくれるようになったという段階です。

将来的には大きなところでも戦える馬になる素質は秘めていますが
重賞で通用するのは、まだ少し早いのかもしれません。

サトノギャロスは、5走前は出走取消になったり、
2走前は禁止薬物騒動で除外になったりで順調さを欠きながらも、
底を見せていません。

初めて古馬との対戦となった前走も、
大外枠から物見をしてしまった影響で、
先団に取りつけませんでしたが、結果的に完勝でした。

1200~1400mを中心に使われていたので、
今回は1800mに対応できるかが、今回最大のポイントです。

デルマルーヴルは、デビューから8戦
海外・地方を含む7つの競馬場でレースをしており、
どのような環境でも対応できる精神的な強さがあります。

しかし、スタートがあまり上手いタイプではありませんし、
なかなかハミを替えられない弱点もあります。

ただ、これが改善すればかなり上までいける素質は持っています。

ハヤブサナンデクンの前走、鳳雛ステークスは
完調には一歩足りない仕上がりでしたが、
馬券圏内を確保しました。

1・2着馬には大きく離されてしまいましたが、
世代トップのダート馬を競うほどの馬だったので、
それほど悲観する必要はないでしょう。

大きな上積みも見込めるので、
ここでも上位を争える可能性は十分あります。

ビルジキールは、
名古屋の地方交流戦を勝ち上がってからリズムに乗り、
福島でも連続して好走しました。

近2走は勝負どころでモタつく面を見せていたので、
重賞のメンバーが相手となると、
これが結果を大きく左右してしまう可能性はありますが、
新潟コースに替わるのはマイナスではないでしょう。

ブラックウォーリアは、崩れずに走ってはいますが、
その反面パンチ力にも欠ける印象を受けます。

前走のインディアントロフィーは、
この馬向きの流れになっての勝利でしたし、
今回は掲示板どまりぐらいの印象です。

ブルベアイリーデは、マイルに距離を延ばした2戦目の
青梅特別でキッチリ結果を出しました。

慣れもありましたが、馬体の成長も感じる内容でした。

今回はさらに1ハロン延長となりますが、
折り合いの心配ななさそうなタイプですし、
ここも警戒が必要です。

 


コメントお待ちしております!

友達登録してネ

サンプル

↓プロの厳選3頭BOX予想はこちら↓

的中データラボ
『的中データラボ』でしか入手不可能な的中馬券情報!! 今週末の【重賞】特選情報をメールで無料公開!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました