令和、最初の札幌重賞のクイーンS!牝馬は格より調子でしたっけ??

qeens 札幌競馬場

私のランキング↓です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

2019年の札幌開催も、今週から幕をあけます。

今年の函館開催の開幕週は、先行勢ばかりでの決着になりましたが
昨年の札幌開催の開幕週は、あらゆる脚質の馬が
上位をにぎわせていました。

qeens

 

ですので、先行有利にこだわりすぎずに
予想をして問題なさそうです。

それでは、注目馬を見ていきましょう。

ウラヌスチャームは、昇級してからの2戦は
大崩れのない競馬を続けていますが、
いずれもハンデ戦で53kgを背負ってのものでした。

今回は別定戦の55kgに斤量が増えますし、
初めての洋芝への対応もポイントになります。

エイシンティンクルは、輸送によって大幅に馬体が減った
2走前のダービー卿チャレンジトロフィーと、
スタートが決まらなかった
3走前の京都牝馬ステークス以外は、大きく崩れていません。

前走の都大路ステークスでは、
うまく息を入れられなくても、エプソムカップ3着の
ソーグリッタリングと差のない競馬をしましたし、
スタートさえ決まれば、粘り込む可能性は高そうです。

サトノガーネットは、
ここ2走は距離を延ばしたことによって連勝を決めました。

今回は1800mに距離短縮されることによって、
先団に取りついてリズムよく運べるかがポイントになりそうです。

スカーレットカラーは、スタートに課題を残していましたが、
トモがしっかりしてきたことによって
安定してくるようになりました。

前走のマーメイドステークスの末脚も
成長を感じるものでしたし、本格化してきた印象です。

初めての洋芝に対応できれば2kg増の斤量でも通用しそうです。

ダノングレースは、3勝クラスを卒業して挑んだ
福島牝馬ステークスは、
いきなり馬券圏内に絡む健闘を見せてくれました。

しかし、力を出し切っての3着なので上積みはなさそうですし、
斤量が1kg増えるので勝ち切るのは難しいかもしれません。

フロンテアクイーンは、前走のヴィクトリアマイルと
3走前のターコイズステークスは、
外枠から距離ロスの多い競馬になっていましたし、
4走前のエリザベス女王杯は直線で不利を受けてしまいました。

それを除けば重賞では抜群の安定感を見せています。

昨年のこのレースでは心房細動明けに加えて、
4コーナーで一気に来られる厳しい競馬になっても
2着までもってきました。

トップハンデにはなりますが、ここは十分勝負になるでしょう。

ミッキーチャームは、前走のヴィクトリアマイルは
時計が速すぎる馬場に対応できませんでしたので、
度外視して問題なさそうです。

3走前の中山牝馬ステークスは14着に大敗しましたが、
長距離輸送の影響を大きく受けたので、敗因は明確です。

昨年3連勝した北海道シリーズに向けて
状態は上向いてきそうですし、ここは期待できそうです。

みなさんの、馬券購入の参考になれば幸いです。


コメントお待ちしております!

友達登録してネ

サンプル

↓プロの厳選3頭BOX予想はこちら↓

的中新聞WEB
「毎日の競馬の予想は【的中新聞WEB】にお任せください!」 無料/情報量No.1/充実度No.1 さまざまな予想スタイルの予想家が貴方の競馬ライフをサポートいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました