札幌記念 今年はGⅠ馬が5頭!夏の名物重賞

sapporokinen 札幌競馬場

私のランキング↓です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

8/18(日)は、札幌競馬場で札幌記念が行われます。

今年はGⅠウィナーが5頭の出走で
秋に向けてどのような走りをしてくれるか注目です。

それでは、注目馬を見ていきましょう。

フィエールマンは春の天皇賞を制し、
菊花賞に続きGⅠ2勝目となりました。

デビュー以来、一度も連対を外していないですし、
ここでも人気を集めることになりそうです。

ただ、今年の初戦アメリカジョッキークラブカップは
休み明けで動きが鈍かったこともありますが、
3000mの菊花賞を使った後だったので、
2200mの距離が短かったことも敗因でした。

今回は3200mの天皇賞を使った後で
2000mのレースに使われることになるので、距離に対応しきれず
勝ち切れない可能性も考えておいた方が良さそうです。

昨年のダービー馬、ワグネリアンは大阪杯以来の出走です。

その大阪杯は半年以上の休み明けで、
タフな馬場状態でも3着に好走したので、
地力の高さは疑いようがありません。

今回は初の札幌コースになりますが、
中山コース(弥生賞・皐月賞)で勝てなかったので
小回りへの対応がポイントになりそうです。

サングレーザーは、昨年このレースを制した時と同じように
安田記念からここに臨んできます。

2走前の大阪杯は滑りやすい馬場に泣かされたので
度外視できます。

前走の安田記念の道中では少しハミをかんでいたので
今年は折り合い面が課題になります。

ブラストワンピースの前走
目黒記念は59kgの斤量を背負わされましたし、
フットワークも良い頃の状態ではありませんでした。

2走前の大阪杯は4コーナーで外に振られる不利もありましたし
今年の2走はこの馬の能力を出し切ることができませんでした。

今回は定量戦になって相手関係も楽になりますし、
ここでは首位争いをしてくれる可能性は高いでしょう。

sapporokinen

ステイフーリッシュは、昨年の京都新聞杯のように
早めに先頭に立って押し切る形が一番いいタイプです。

ただ、道中でモタれて走る面がありますし
詰めの甘さが目立っている現状です。

能力は高いですが、
勝ち切るにはワンパンチ足りない印象です。

ペルシアンナイトは、前走の安田記念はスタート直後に
不利を受けてしまって万事休すといった内容でした。

2走前の大阪杯と3走前の金鯱賞は
渋った馬場を気にして力を出し切ることができませんでした。

今回は初の洋芝への対応がカギとなりますが、
GⅠで1勝2着3回の実績は侮れません。

みなさんの、馬券購入の参考になれば幸いです。


コメントお待ちしております!

友達登録してネ

サンプル

↓プロの厳選3頭BOX予想はこちら↓

的中データラボ
『的中データラボ』でしか入手不可能な的中馬券情報!! 今週末の【重賞】特選情報をメールで無料公開!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました