ユニコーンS、超ヤバイ!目移りするほどの好メンバー!

unicorn 東京競馬場

私のランキング↓です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

6/16(日)は、東京競馬場で
3歳ダート重賞ユニコーンステークスが行われます。

大井で開催されるジャパンダートダービーに向けた
重要なステップレースに好メンバーが揃いました。

それでは、出走予定の各馬を見ていきましょう。

アシャカトブは、少しテンションが上がりやすい
ところがあります。

そのため、時々スタート遅れてしまうのが
気になります。

サトノギャロスは、1200mで連勝しての参戦なので
400mの距離延長を克服する必要はありますが、
2走前は3馬身半差、前走は5馬身差の
圧勝でしたし、軽視はできません。

父ヘニーヒューズ、母父サンデーサイレンスの
血統を考えても、距離は十分に対応できるはずです。

デアフルーグの前走、青竜ステークスは、
内をロスなく回り、直線もうまく進路ができ
デュープロセスと同タイムでの2着でした。

スタートしてからのダッシュは
あまりはよくありませんが、
立ち回りが上手な馬なので、
不利がなければ、ここも崩れることはなさそうです。

デュープロセスは、後方からになれば
ものすごい瞬発力を見せますし、
先行すれば差し返す勝負根性を見せてくれます。

しかし、2走前はスタートの芝の部分で
つまづいていましたし、
前走も外枠だったので良かったですが、
危なっかしいスタートでした。

unicorn

4連勝で人気を集めそうですが、
全幅の信頼を置けるとは言えません。

ノーヴァレンダは、昨年末の全日本2歳優駿で
GⅠのタイトルを手にしていますが、
コーナーリングに苦手だったり、
砂を被ったら気を抜いて、
そこからエンジンがかからなかったりと、
まだまだ課題を残しています。

ブルベアイリーデの前走、青竜ステークスは
上手に競馬ができていましたが、
直線の伸びを見ていると、
上位3頭とは着差以上に
能力の差を感じる内容でした。

このメンバーでは厳しいかもしれません。

ワイドファラオは
芝のGⅡ、ニュージーランドトロフィーを
勝っていますが、ここでダートに使ってきます。

父ヘニーヒューズは、芝よりダートの方が
圧倒的にいい成績を残しているので、
血統的には何の問題もありませんし、
以前騎乗していた福永騎手も
「ダートの走りも見てみたい」
とコメントしていたので、
走法もダート馬っぽいものがあるのでしょう。

このメンバーでもアッサリ勝ってしまう
可能性は十分すぎるほどあるでしょう。

ヴァイトブリックの前走、兵庫チャンピオンシップは
勝ったクリソベリルが強すぎただけなので、
悲観する必要はなさそうす。

砂をかぶっても問題ありませんし、
直線では狭いところにグイグイ入っていける
根性も持っています。
このメンバーでどれだけやれるか楽しみな一頭です。

ヴァニラアイスの前走、端午ステークスは
ロスなく好位で運べたことが大きな勝因ですので、
特に馬が急成長したしたという感じでは
ありませんでした。

そういった意味では昇竜ステークスで負けた2頭を
逆転することは難しそうです。

みなさんの、馬券購入の参考になれば幸いです。

友達登録してネ

サンプル

↓プロの厳選3頭BOX予想はこちら↓

的中新聞WEB
「毎日の競馬の予想は【的中新聞WEB】にお任せください!」 無料/情報量No.1/充実度No.1 さまざまな予想スタイルの予想家が貴方の競馬ライフをサポートいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました