CBC賞、GⅠウィナーも出走で楽しみなハンデ戦

cbcshou 中京競馬場

私のランキング↓です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

6/30(日)は、中京競馬場でCBC賞が行われます。

今年は出走登録が14頭と少なめの頭数ですが、
GⅠウィナーも出走する楽しみなメンバーです。

それでは、出走予定の各馬を見ていきましょう。

アウィルアウェイの前走、葵ステークスは、
デビュー戦以来の1200m戦でしたが、
この距離が一番合っているイメージでした。

2走前の桜花賞はスムーズさを欠いていましたし、
3走前のフィリーズレビューは、
この馬にとっては少し距離が長い1400mで、
前に壁を作れず力んで走っていました。

それ以外のレースはすべて馬券圏内にきていますし、
得意条件でスムーズに運ぶことができれば
崩れることはないでしょう。

アレスバローズの4走前、
スプリンターズステークスは
道悪に脚を取られていましたし、
3走前の京阪杯はスタートが良すぎて
折り合いを欠きました。

2走前のシルクロードステークスは
外枠に加えて重い斤量に泣かされましたし、
前走の高松宮記念は、
3コーナーで不利を受けてしまいました。

近4走はすべて敗因がハッキリしていますし、
昨年のこのレースを制しているように、
この条件は相性のいい舞台です。

良馬場でやれれば、十分やれるでしょう。

ショウナンアンセムの前走、高松宮記念は
17番人気で3着と、大波乱の立役者になりました。

この実績から今回もある程度人気になりそうですが、
時計が速すぎると対応できるタイプではありませんし、
気難しさがある馬なので、
安定していい競馬をすることができません。

人気を集めるのであれば、
嫌ってみてもいいかもしれません。

セイウンコウセイの前走、高松宮記念は
道中で少しハミを噛んでいたにも関わらず、
勝ち馬にコンマ1秒差の2着に大健闘しました。

cbcshou

この舞台のGⅠで二度連対しているように
コース相性は抜群ですし、
6歳でもまだまだ元気です。

今回はトップハンデになりますが、
58kgでシルクロードステークス2着の
実績がありますし、問題ないでしょう。

この斤量でもスンナリ好位置につけることができれば、
崩れることはないでしょう。

メイショウケイメイの前走、葵ステークスは
珍しくスタートが良くありませんでしたし、
展開も向きませんでした。

桜花賞は距離が長かったことが敗因でしょうし、
ベストの1200mになれば力を出し切れるでしょう。

今回はハンデがかなり軽くなるので、
楽しみな一戦です。

ラベンダーヴァレイは、2走前の彦根ステークスは
外枠から二の脚がつかなかったとはいえ、
レッドアンシェルに完敗でした。

そこから斤量差が3kg広がるので、
そのぶんどれだけ詰められるかといったところに
なるでしょう。

しかし、前走でもうまく立ち回ったにしても
3勝クラスを勝つことができませんでしたし、
馬場が渋ってしまうのはマイナスなタイプなので、
天気も気になるところです。

レッドアンシェルの2走前は
窮屈な競馬になってしまいましたが、
スムーズに運べた前走は
抜け出してソラを使いながらの
速いタイムで勝ち上がってきました。

昇級戦にはなりますが、
OP特別勝ちとGⅢ2着の実績もあるので、
ここでも能力は十分に通用します。

みなさんの、馬券購入の参考になれば幸いです。

友達登録してネ

サンプル

↓プロの厳選3頭BOX予想はこちら↓

的中新聞WEB
「毎日の競馬の予想は【的中新聞WEB】にお任せください!」 無料/情報量No.1/充実度No.1 さまざまな予想スタイルの予想家が貴方の競馬ライフをサポートいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました